夏の風物詩

心配された台風11号も去り、青空が戻ってきました。

 明日は一時的にまた雨が降りそうですが、梅雨明けももうすぐそこまで来ている感じですね

 さて、クアテルメ宝泉坊では、毎年恒例の風鈴を玄関入口に設置しました。

 風鈴といえば、その音色で風が吹いているのを感じ、涼しさを体感するものですが、元々は中国に由来するそうです。中国では魔除けとして利用されていたものが、仏教とともに日本に伝わり、最初はお寺に設置されていたのですが、後に一般家庭にも普及したというのが、有力な説のようです。外来のものを日本独特の風習に変えて定着させてしまうところが、いかにも日本的ですね。

 しかも驚くことに、風鈴は実際に体感温度を下げる効果があるそうです

風鈴が鳴ってる」→「風が吹いて涼しい」と思い込むことで、脳が皮膚の表面温度を下げるよう、指示を出すとか。昔の人は知識がなくても、知恵は豊富だったんですね。

 さあ、暑い夏が始まります。いつも「暑い」「暑い」と言っていたら、本当に暑く感じますよ。五感をフル活用させ、快適な夏を過ごしましょう。クアテルメ宝泉坊も、目で耳で、肌で涼しさを感じられるよう、工夫していきます。是非、汗を流しに、お越し下さい。

風鈴2

風鈴1

 

投稿者:HOW

カテゴリー: クアテルメニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です