家庭の省エネ、電気コタツ編(執筆者:アイシンテック有限会社 山本弘氏)

山本弘タイトル12

 

 

 

電気コタツにはサーモ機能付が一般的であり、一定の温度(上限)になると自動的にOFFになり、一定の温度(下限)になると自動的にONになります。
この温度差の幅を少なくし、ONの時間を短くするのには、コタツ内の熱をいかに外に逃がさないかが、省エネのポイントです。

 

コタツの省エネ ポイント!

  • 電気コタツは賭け布団の上に毛布等の上掛けをすると7~9%の省エネになります。
  • コタツに出入りする時は、素早く行う。
  • 掛布団と腰や足の部分の隙間を無くする。
  • 絶対に掛布団を開けっぱなしにしない。
  • ホームセンター等に売っている断熱シートを使用する。

断熱シートを使用するのは掛布団の内側及び敷布団の下側です。
上から、天板・掛布団・断熱シート・本体やぐら・敷布団・断熱シートの順です。
敷布団の下の断熱シートの代わりはアルミホイルや新聞紙などでもOKです。
効果は 断熱シート > アルミホイル > 新聞紙 の順に小さくなります。

浴槽保温シート

 


◆執筆者:山本 弘氏

アイシンテック有限会社

地球のエコ&人間のエコ
電気・水道・燃料他

省エネ・経費削減・環境改善
○電気料金の削減(照明・空調)
○水道料金の削減
○燃料の削減(ガソリン・軽油・灯油・重油)
○特殊技術による省エネシステム
○設備技術総合管理&設計施工
○建物総合管理及び建物リフォーム
○太陽光発電システム
○社員教育(省エネ・経費削減・環境)
○エコ商品販売

 

コメントは受け付けていません。