エアコンと扇風機併用の省エネ(執筆者:アイシンテック有限会社 山本弘氏)

山本弘タイトル4

微々たる消費電力「扇風機」

扇風機の消費電力はエアコンと比べると小さいです。
今回はその扇風機を併用してエアコンの省エネをする方法を説明します。

風の流れ

エアコンから出る冷気は重たいので下に集まります。
そこでエアコンの吹き出し口のルーバーを上向きにし冷風が上部を通るようにします。
そして冷風が壁に当たり床面に届いてる場所に扇風機を置きます。
その扇風機を一番上向きにし、エアコンの冷風が通らない天井面に向けて回します。扇風機、上向き
この時、部屋の大きさや大型家具などの配置にもよりますが、首振りにすると効果的な場合もあります。
すると部屋全体に廻る風が出来るので、人の体感温度を下げることが出来ます。
体感温度が下がりますので、これでエアコンの温度設定を1℃上げると、扇風機の電気代を入れても約7~8%前後の節約が出来ることになります。
要するに、部屋の中全体に風の流れを効果的に作るのがポイントになります。

 


◆執筆者:山本 弘氏

アイシンテック有限会社

地球のエコ&人間のエコ
電気・水道・燃料他

省エネ・経費削減・環境改善
○電気料金の削減(照明・空調)
○水道料金の削減
○燃料の削減(ガソリン・軽油・灯油・重油)
○特殊技術による省エネシステム
○設備技術総合管理&設計施工
○建物総合管理及び建物リフォーム
○太陽光発電システム
○社員教育(省エネ・経費削減・環境)
○エコ商品販売

コメントは受け付けていません。