冷蔵庫の省エネ(執筆者:アイシンテック有限会社 山本弘氏)

山本弘タイトル5

1年365日、24時間使っている冷蔵庫ですが、意外と省エネという観点から見過ごされています。

今回は、その冷蔵庫の省エネについて・・・。冷蔵庫

  • 冷蔵庫のドアの内側に貼り付けてあるゴムパッキンは磁石機能を持っており、ドアを本体に密着させ冷気が漏れないような構造になっています。
    このゴムパッキンが劣化するとドアに隙間が出来て冷気漏れがおこると消費電力のアップになります。ここに名刺を挟んで落ちるようなら、パッキンの交換時期です。
  • 冷蔵庫には、あまり物を詰め込まないほうが冷気の循環が良いです。でも冷凍庫の場合は、物をぎっしり詰めておくほうが冷却効率は高いです。
  • 冷蔵庫に熱いままの食品を入れると庫内の温度が高くなって電気代がかさみます。
    また、他の食品が傷みやすくなってしまいます。熱いものは冷ましてから入れるようにしましょう。
  • 夏場にお茶をひんぱんに飲む家庭は、そのたびに冷蔵庫を開け閉めして無駄な電気代がかかっています。魔法瓶タイプの水筒を利用し、氷と麦茶を一緒に入れて置いておくと電気代の節約になります。
  • 冷蔵庫と壁の間は適度な間隔を空けておきます。本体からの放熱がスムーズになると省エネになります。
  • 冷蔵庫の内部の棚ごとに透明のテーブルクロスを切って貼り付け、ドアを開けた時の冷気の逃げを最小限にする。

 


◆執筆者:山本 弘氏

アイシンテック有限会社

地球のエコ&人間のエコ
電気・水道・燃料他

省エネ・経費削減・環境改善
○電気料金の削減(照明・空調)
○水道料金の削減
○燃料の削減(ガソリン・軽油・灯油・重油)
○特殊技術による省エネシステム
○設備技術総合管理&設計施工
○建物総合管理及び建物リフォーム
○太陽光発電システム
○社員教育(省エネ・経費削減・環境)
○エコ商品販売

 

コメントは受け付けていません。