車のガソリンの省エネ、パート1(執筆者:アイシンテック有限会社 山本弘氏)

山本弘タイトル6

1

すっかり秋の気配になり、ドライブに出かける機会も増える今日この頃ですが、円安が進み、ガソリンが値上がりしております。
安いガソリンスタンドを探すのも良いですが、自分の車の見直し、運転方法でずい分燃料の節約が出来ます。

今回は、自分の車の見直しで書いてみます。

 

タイヤの空気圧を適正に

2

まず、車の運転席ドアの枠内側に、その車の空気圧の適正値のシールが貼ってありますので、それを確認しましょう。
その適正値は前輪と後輪とでは値が違う場合があります。
次にガソリンスタンドには必ず車用の空気入れがあります。
分からなければスタンドの方に聞けば教えてくれます。もちろん無料です。
そこで、ガソリンを入れに行った時に、こまめに空気圧を適正にしましょう。
◎ 平均的な車で、空気圧が適正値より0.5kg/cm2低いタイヤで50km走るとガソリン150ccくらい浪費します。
適正空気圧で走れば(1ℓ153円で計算すると)月に1,000km走るとして459円の節約に、年間5,508円の節約になります。

 

車の積荷を軽くしましょう

3

皆さん、車のトランクの積荷を入れたままにしてませんか?

車は重くなればなるほどガソリンを浪費します。
◎ 平均的な車で、積荷を10kg軽くすれば100km走行でガソリン約30ccの節約。

50kg軽くして100km走ればガソリン約150ccの節約になります。

月に1,000km走るとして・・・。(1ℓ153円で計算)
・10kg軽くすると  月に約46円 年に約552円の節約になります。
・50kg軽くすると  月に約230円 年に約2,760円の節約になります。

 


◆執筆者:山本 弘氏

アイシンテック有限会社

地球のエコ&人間のエコ
電気・水道・燃料他

省エネ・経費削減・環境改善
○電気料金の削減(照明・空調)
○水道料金の削減
○燃料の削減(ガソリン・軽油・灯油・重油)
○特殊技術による省エネシステム
○設備技術総合管理&設計施工
○建物総合管理及び建物リフォーム
○太陽光発電システム
○社員教育(省エネ・経費削減・環境)
○エコ商品販売

 

コメントは受け付けていません。